AR × 工程管理

HoloLens工程管理システム

作業や組み立てを行う方の、補助や記録用として使うことを想定したアプリケーション。

特徴

  • ​グラス型のARデバイスHoloLensを活用したシステム

  • 文章や動画など、AR上の説明を見ながら、手元の作業を進めることができます。

  • ジェスチャーや視線を使って、ハンズフリーで操作。

  • 指向性スピーカーを搭載しているので、動画の音声は作業者にのみ聞こえます。

  • 作業者は作業項目にチェックを付けることで、漏れがないか確認しながら、作業を進めることができます。

  • 作業者が次の作業に移るまでの時間を記録することで、各作業に掛かった時間を記録できます。

利点

  • 従来のシステム(紙やタブレット)とは違いハンズフリーなので、物を持ち替えたり、手を拭いたりする必要なく、作業を進めることができます。

  • 空間上の好きな場所に固定し、大きさや角度を自由に変えることができます。作業者が自分で見やすい位置、サイズに配置することで、説明と手元を交互に確認しながら作業を進められます。

  • サーバーやクラウドと連携することによって、それぞれの作業にどれだけの時間がかかったか、記録を蓄積し、作業の順番や人員の配置を最適化するための、定量的なデータとして活用することができます。

  • 本体にカメラが付いているので、作業者の視界をそのまま記録することができます。例えば製品の傷や不良品など、気になる部分を作業者が見つけた際に、その視界の映像をサーバーに送ることで、管理者に状況をそのまま伝えることができます。

© 2020 Daishinsha Communication Design Inc.

日本、東京都渋谷区千駄ヶ谷2丁目9−9

  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円
  • YouTubeの - 灰色の円